性病クラミジア 症状

性病クラミジアの症状と治療法

クラミジアは、クラミジアトラコマティスという名の病原体によって感染する病気。
感染者の粘膜との接触や、精液若しくは膣分泌液を介してうつります。
また、オーラルセックスでは喉にも感染します。

 

クラミジアは、男性は尿道から感染し、尿道炎や副睾丸炎などを起こします。
症状としては、尿道から膿が出る、排尿痛、精巣上部の腫れ、軽い発熱や痛み等が挙げられます。

 

女性は子宮頸管に感染し、子宮頸管炎を起こします。それから、腹腔内に進み骨盤内で症状が出ます。
症状としては、おりものの増加、不正出血、性交時の痛み等です。

 

それが進むと卵管炎を起こしたり、子宮外妊娠や不妊症の元にもなってしまいます。
オーラルセックスで感染した場合は、咽頭炎、扁桃腺炎を起こします。

 

クラミジアは感染しても症状が出ない、または症状が軽くて気付かないことが多いので、気付かないまま人にうつしてしまうことがあります。
また、クラミジアに感染すると、エイズウィルスへの感染が3〜5倍になるので、十分な注意が必要です。

 

クラミジアかなと思ったら、男性は泌尿器科や性病科、女性は婦人科や性病科を、喉が可笑しいなら耳鼻咽喉科を受診します。
この時、パートナーも感染している可能性が高いので、2人共検査を受けることが大切です。
今では、自宅で検査できる信頼性がある性病検査キットが販売されているので、病院での検査が不安な方や、念の為に性病に感染しているから調べたい人にお勧めです。

 

もし感染していたら、1日〜1週間クラミジアに効く抗生剤を服用します。
それからまた検査をして、クラミジアが陰性になっていれば治療は終了です。

 

しかし、薬を1,2回飲み忘れたなどということがあると、完全に治癒していない場合もあるので、
治療が終了した後3〜4週間後に再検査を受けるとより確実に完治したことが確認できます。